So-net無料ブログ作成

Works - DRGW Dynamometer Car #10 - 04 [Works_MOW Equipment]

drgw_10_04.jpg: DRGW 10

I started painting with the bay window parts. The other parts followed them. All the parts were installed after painting.

I used TAMIYA TS-56, Brilliant Orange, for the bay window and plated windows. TAMIYA TS-29, SEMI GLOSS BLACK, for the roof and the underframe. I spray painted clear semi-gloss to the place where I painted Brilliant Orange because they were glossy. The seats and interior walls were hand painted green with TAMIYA XF-71, Cockpit Green.

Besides bay window gaskets, I also tried to represent louvers and rivets by self-made decal.
I swapped the 3 coil-springs MTL trucks with surplus (maybe Athearn) 2 coil-springs Bettendorf trucks, for just my taste.

That’s all for this project. Thanks to MTL, I could add a neat car to my collection.

DRGW Dynamometer Car #10:
According to the MSCG, #10 was rebuilt in 1961 from Rio Grande MOW equipment. It had bay windows, air conditioning, an engine and generator set to power the dynamometer equipment. Though a constant companion to the Krauss-Maffei locos, Rio Grande used #10 to test many other locomotives.

drgw_10_05.jpg: DRGW 10

窓を塞いだ部分や出窓などはタミヤのTS-56、屋根および床下はタミヤのTS-29を吹いた。TS-56は艶ありなので、上から半光沢のトップコートを吹いて、他とそろえた。手すりなどの細かいパーツは取り付け前に塗装している。別パーツで一体成形されている座席や間仕切り壁は、タミヤのXF-71を手塗りした。

出窓のHゴムの他、窓をつぶしてガラリに改造されている箇所も自家製デカールで表現してみた。筆者の好みで、台車は、製品に付属のものよりコイルバネの数が少ない手持ちのもの(たぶんAthearn製)に換えてみた。


工作は以上である。MTLが製品化してくれたおかげで、比較的簡単に、特異な車両をコレクションに加えることができた。


コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

Gerrybrino


You mentioned it effectively.
by Gerrybrino (2018-04-19 06:38) 

arx_ph.D.

Gerrybrino,

Thanks for visiting, and also leaving the comment.
by arx_ph.D. (2018-04-19 11:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0